2017年04月03日

一度払った自動車税は

一度払った自動車税は還付(もらえるはずのお金をもらわないのはもったいないですから、面倒でも確定申告をしましょう)されないと思っている人が多いでしょうが、月割りで還付(もらえるはずのお金をもらわないのはもったいないですから、面倒でも確定申告をしましょう)されるケースがあります。
これは、一般的な普通自動車を売らずに廃車にすると戻って来ます。
普通自動車ではなく軽自動車の場合には、自動車税は戻りません。
しかしながら、自動車税の残り期間が相当余っている時などは、残っている税金分をプラスして買い取りしてくれる店舗もあるのです。
しかしながら、自動車税のことについてきちんと説明してくれる買取会社ばかりではないでしょう。
できれば売却する前に確認をとっておいた方が良指そうですね。
全部が全部という所以ではありませんが、コレまでの車の売却金は課税対象になるケースがあることを覚えておきましょう。
個人所有の自動車であり、いつも通勤するために使っていた車ならば所得税はかからないようになりました。
使用目的がレジャー等でも使うということになると、課税対象になり、所得税の支払いをするようになるかもしれません。
車を売却した金額の方が、購入した金額よりも50万円以上高くなったときには所得税の課税対象です。
個人事業主の場合で、その車を日常以外で業務使用しているときにはまた異なるルールがあるので、不明な点は確定申告の際に税理士に相談するなどして対応して頂戴。
自分の所有する車を売ろうと思ったときの選択肢には3つあって、第一は自動車買取会社に売却すること、自動車ディーラーのところで下取りに出す場合、個人でオークションに自動車を出品して売る方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)もあります。
オークションに出そうとするときには、売ろうとする車の画像や説明文をなるべく他人が読んで分かりやすく表記することが厄介なトラブルを招かないようにするうえで必須項目になるでしょう。
更に、売買契約を交わしてしまう前に一度じっくり車を観察してもらうことも必要になるでしょう。
また、それ以外で大切だと思ったことに関しては、双方で念書などを作成して、これに署名捺印してもらえば安心して取り引きができるというものです。
インターネット上の中古車一括査定サイトなどを使って確認できる査定額は、どうしても簡易的な方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)で見積もりを出したまでです。
同じ年式の同じ車種だったとしても、個々の車によってボディや内装の状態などは異なりますから、詳細な見積額というのは中古車を見ながら確認しないことには導き出せません。
このような事情から、Webで確認した審査相場と同一の金額が絶対に実際の買取現場で提示されるのではないため、前もって知っておくといいですよ。


posted by 査定屋 at 06:22| 車関連その他