2017年07月02日

息子が独立したのを。。。

息子が独立したのをきっかけに、亭主と話し合いし、2台の所有車のうち1台を買い取って貰うことにしました。
それまで売渡しは未経験だったので、どこなら高く売れるのかよく知らないまま、インターネットを介して買い取り業者を確認し、結局、自宅から近い専門ショップに買取を頼みました。
私がメインで運転していた紺色の軽自動車は10年経過したものでしたから、引き取ってもらえるのかという懸念もありましたが、亭主と食事に行ける位の金額になりましたから、思わぬボーナスで最高でした。
諸事情によりある程度のお金が入り用になり、昨年の8月頃にスバルのフォレスターを売ろうと考え、コレまでの車専門店の買取見積もりを受けたことがあります。
一括審査ホームページを使い、ショップの中でダントツに高く買い取ってくれた専門ショップの人の説明ですと、買取する時節も、見積価格を左右する大切な点だということでした。
私の場合、売り払ったスバルのフォレスターがやっぱりアウトドアが本格化する夏場が売り時らしいので、高額で買って貰うなら、春ごろから梅雨時期が穴場らしいので、本当に参考になりました。
日頃乗っていた愛車を買い取り店に預けてから新しくクルマを購入するまでにクルマがない時間が長期間になることも予測されます。
たくさんの業者が、代車貸出のシステムを導入しているようです。
審査の時にリクエストしておけば用意もスムーズです。
或いは、新車販売店で代車を出すところも多い為予め聞いておきたいです。
クルマを買取評価して貰う場合、自動車税の残月分やリサイクル料がその見積金額に入っているのかを必ずチェックしておくことが必要です。
その他の重要ポイントを挙げると、売却後の返金請求の有無を確かめないととんだ目に遭います。
ショップの中にも悪い例を出すと、買い入れ額をわずかでも安くしようと、鑑定の後で減点ポイントが明らかになったなどといって平然と返金の請求をしてくるようなお店もいる様子です。


posted by 査定屋 at 06:21| 車関連その他